【 ボーイズラブ 】

ボイスドラマ「とろけておとして地獄まで」

◆作品紹介◆
原作漫画「花の芥」番外編「とろけておとして地獄まで(RJ253374)」がボイスドラマ化!
暴力衝動持ちの椿木が普段加白とのセックスやっている窒息プレイや噛みつき欲を抑えこんで
加白をゆるゆるやわやわとろっとろになるまで快楽責めに…
更に、加白が椿木に仕返しをする続編漫画「とろけておとして地獄まで2」のストーリーも、
音声収録されております。
贅沢すぎるボイスドラマを、ぜひご堪能下さい…!

◆収録時間◆
約50分

◆キャラクター紹介◆
「加白累」CV.皇帝                   
神藤会に属するヤクザ組織の組長(元若頭)
異常な環境で育った異常者。
性格は無慈悲で冷酷で掴み所がなく貪欲。
人を見下したり小馬鹿にする笑い方や態度が常。
椿木との関係は飼い主と犬のよう。
かつては自分の見た目と体の利用価値を知ったことで交渉道具として組の幹部に
抱かれることも多々あったが、今はお気に入りの椿木にしか興味がない。

「椿木征思」CV.切木Lee
元潜入捜査官の現ヤクザ若頭。
一般的で善良な家庭で育った生まれつき暴力衝動持ちの異常者。
性格は無愛想で感情表現に乏しいが、加白に対してのみ執着心や独占欲が強く、
加白にだけ見せる顔や感情が多い。
加白と出会い、暴力衝動という自らの本質を暴かれるまでは
「正義感ゆえ」とさえ思い込んでおり無自覚だった。
普段の加白とのセックスはハードなものが多い。

◆あらすじ◆
ー快楽は過ぎると苦痛よりも辛いらしいー
元潜入捜査官で現ヤクザ若頭の椿木はその普段の寡黙さからは想像できない暴力性を持つ人間。
そんな椿木の唯一自分を飼い慣らせている理解者である組長加白は、
日々椿木への褒美や発散という名目で自分を抱かせて、窒息プレイも噛みつきも余裕といった姿で
椿木の衝動を受け入れてきた。
そんな中、ある日椿木の中にふとした好奇心が宿る。
「快楽しか与えないセックスをしたら、加白はどうなるのか見てみたい」
⊙⊥⊙

更新日:2021/11/30 · 11:45


————本日志版权归花莫笑所有。
日志内的相关图文请勿转载。